一瞬のうちに、いろんなことを頭のなかでグルグル考えた……と、そういう経験がある人は多いんじゃないでしょうか?
大抵そういうときというのは、焦ってビビって冷や汗をかいているときなんですけど、長い時間が経ったように思えて秒針が2回動いただけだったとか。

僕がそれを経験したので最近覚えてるものといえば、鍵屋さんに来てもらったときなんですよね……いや、正確に言うなら、鍵屋さんに来てもらう前。鍵屋さんに来てもらおう!と思いつく前。
なんでそんな人を呼んだかといえば、鍵が壊れたからにほかなりません。壊れたんですよ!我が一人暮らしのアパートの、ドアの鍵が。鍵穴に鍵が吸い込まれたまま、押しても引いてもビクともしない。
そのとき、僕の脳裏を走馬灯が巡ったんですね、「どうしようコレ、自分で修理できるだろうか、出来るだろう……いや出来るわけないだろう!このまま家に入れず住所不定になっちゃうんだろうか……」みたいな、よく分からないことを考えてたんです。

結局、自分じゃ修理できないんだから修理できる専門家を呼ぼう、というところで走馬灯が止まったから良かったですよね。あらぬところで止まってたら、今ごろ僕はどこでどうしていたことやら……。
最終的には、ケータイで何とか最寄りの鍵屋さんを探しだして、修理してもらってことなきを得たんですが、それ以来、鍵というやつに妙に気がいってしまうようになってしまって……。
こんど、鍵交換をしようと思うんです。鍵交換っていうのは、ちょっとやそっとじゃ壊れないタイプのに……いや、防犯タイプの鍵交換というのも惹かれますね。

というわけで僕の鍵交換ばなしに、ちょいお付き合いください。

外部リンク

ドアノブの調子が悪くなった時はこちらで修理を依頼しましょう!|ドアノブ交換修理.jp
鍵屋を探しているのであれば千葉で腕っぷしのある|鍵プロ 千葉
鍵交換や鍵紛失など、全ての鍵の悩みに応えてくれるのはココ;鍵猿
名古屋市内ですぐに出張してくれる鍵業者@鍵の110番救急車
鍵屋を探しているなら|鍵なび

14 11月 | 0 Replies